海と音楽とキャンドルと

ソイキャンドルでいつでもあなた時間へ

初めての木芯キャンドル“Wood Wick”はうわさどおり○○○○でした

こんばんは
このあたりは台風がそろそろ通過したころのようで
先ほどまで静かだったのですが
また風の音がしはじめたところです。

 

 

Wood Wick 木の芯

タイトルのキャンドル
キャンドルを独学ではじめたわたし。
情報源はほぼネットなのですが
ネットで木芯のキャンドルをみたときに
とたんにトリコになりました。


見た目のインパクトや
たき火のようにパチパチと音がする
とかいてあり

 

すぐに木芯を注文しようと思いましたが、
売り切れつづきで
もうずっと待っていたのですが

ようやくこの木芯でキャンドルをつくれました

 

大きなグラスキャンドルとこの小さなキャンドル(写真では大きいみたいにみえるけど)
2つをつくりましたが
ウワサどおり
木がパチパチと燃える音や
糸の芯とはまたちがう炎のかたち
おもしろいです^^

 

音が楽しめるキャンドル

暖炉がなくても、暖炉の前にいるみたいに
パチパチ。
あたたかい音をきくことができる
そんなキャンドルです

 

ナチュラルなソイワックスと木の芯がよくあいます
シンプルなのにインパクトにのあるフォルムです

 

この木芯、地元三重県産の木をつかったキャンドルがつくれたら
いいな、と思ったりもします。
ソイワックスも海外輸入物ですが
国産のものがあれば使ってみたいです。

 

 

つぎは海岸を歩いていたときに思いついたアイデア
キャンドルにしたお話です

 

お読みいただきありがとうございます!