海と音楽とキャンドルと

ソイキャンドルでいつでもあなた時間へ

ソイキャンドルとの出逢い

 

キャンドル、といえば、 
我が家では、バースデーケーキのキャンドル。
 
それと雑貨屋さんで購入したキャンドルをたまに使うくらい。
子供達も小さくて、
キャンドルをつける余裕もなくて。
そんな程度でした。

 

 
 
東日本大震災が起こったのは 
まだ三重にもどる前。
節電が全国的に行われた夏
節電と
子供達も少し大きくなったのと 
天井のライトが暑いのとで...
よるごはんからキャンドルにしてみよう、
と、たまに使っていたキャンドルをおいてみたら 
 
きれい‼
涼しい!!
節電できてる♪
 
こうしてキャンドルをつかう日々が
スタートしました。
 
 
今まで、気分転換にたまに使っていたキャンドルが、
いきなりくらしの一部になり、
キャンドルを使ううちに 気になることができました。
 
キャンドルを灯した場所で、少し天井が低いところに、
黒いすすがついてる・・・。
 
ネットでしらべたら、
どうやら、石油由来のケミカルキャンドルだと
すすがでると。
 
このキャンドルって、石油からできているのかと。
 
わざわざ体によくないことをしていたのかなと。
 
じゃあ、石油系以外のキャンドルは?
と調べたら、
天然素材のものとして
蜜蝋、ソイ(大豆)、パーム(椰子)・・動植物由来ですすがでにくいようです。
 
さっそく近くの雑貨屋を何件かまわったけれども
まったく見つからず。
ネットで買おうかなと調べたら、どれも、石油系キャンドルより値段が高くて天燃素材のキャンドルをおうちにおくことは断念してしまいました。
 
 
ここで一度、キャンドルとは距離ができてしまいました。。。
 
 
が、あるマーケットに遊びに行ったときに、
ソイキャンドルの販売とワークショップができるブースを発見。
子供がしてみたい、というので
子供だけ体験することにしました。
 
好きな色
できあがったものを もちかえりました。
 
これがわたしにとって初めてのソイキャンドでした。
 
 
 
 
 
 


にほんブログ村